バストアップの方法と効果

バストアップに良い食べ物

バストアップに良い食べ物があると言われています。女性らしく胸を大きくしたいと考えている方にとっては、飛びつきたくなる情報ですよね。
では、どのような食べ物がバストアップに良いのでしょうか?

女性の胸を大きくするには、エストロゲンといった女性ホルモンの働きが必要です。そのため、女性ホルモンに近い作用のある「イソフラボン」を含む食材を食べると良いとされています。
イソフラボンを含む食品として代表的なのは、豆乳や納豆などの大豆製品です。
また、キャベツに含まれる「ボロン」という栄養素は、エストロゲンの動きを活発にすると言われています。
バスト形成に必要な「タンパク質」を意識して摂取することも大切ということで、良質なタンパク質を含む鶏肉も効果的という見方もあります。

逆に、バストアップに良くないとされる食べ物としては、米やパン、麺類などの炭水化物や脂質があります。
バストはほぼ脂肪でできているため、炭水化物や脂肪を多く摂れば大きくなりそうなイメージもありますが、脂肪はお腹やおしり、脚などが先に太ってしまうためバストアップ効果は得にくいということです。

バストアップに良いとされる食べ物によって、実際にバストアップするかどうかは意見が分かれるところです。
効果を期待するためには大豆製品やキャベツを毎日大量に摂取する必要がありそうですが、そうなると食生活のバランスが崩れ、現実的ではありません。
そのため、上記のような食品は「意識して多めに食べる」程度にとどめた方が無難かもしれません。

食べ物だけでなく、バストを支えている筋肉(大胸筋)を鍛える運動も取り入れてみてはいかがでしょうか。
両手の手のひらを胸の前で合わせ、ひじが床と水平になるまで上げます。そして、息を吐きながら、手のひら同士にグッと力を入れるだけです。
カンタンなので、お風呂上がりなどに試してみてください。