バストアップの方法と効果

HOME >>  バストアップ > 遺伝的に貧乳の家系

遺伝的に貧乳の家系

私も母親も姉もAカップで、遺伝的に貧乳の家系です。
遺伝上仕方ないとあきらめつつも、色々な方法を試してバストアップを目指してきました。

学生時代は胸の前で手を合わせて互いに手を押し合うように力を入れる、という方法を試しましたが、腕の筋肉がつくだけで胸には効果がありませんでした。
プエラリア・ミリフィカという植物に豊胸効果がある、と話題になった時は、タイからプエラリア・ミリフィカを使ったサプリメントとバスト用クリームを購入し、毎日サプリメントを飲んでマッサージしましたがやはりサイズは変わりませんでした。
よく彼氏にもんでもらうと大きくなる、というのですがやはり変わりませんでした。ただし、実際にそれで大きくなった友人もいます。ただし、彼女はもともとDカップでした。

とにかくマッサージには効果がありそうなので、マッサージ方法を工夫することにしました。胸はもともと脂肪ですし、脂肪を流すには身体を暖めるとよい、とどこからか聞いたので、マッサージ前には胸周りを中心に上半身をよく温めるようにしました。特に、背中の脂肪を胸に流したいので、背中は暑いシャワーや蒸しタオルでよく温めました。充分温めたところで、背中と脇の肉を胸に向かって流すようにマッサージし、胸を円を描くようにマッサージすることを毎日5分間は必ず続けるようにしました。

同時に、下着でも身体のラインが変わると聞いたので、補正下着専門店に行ってバストサイズに合ったブラジャーとコルセットを買いました。サイズを測る程のバストもないからと、今までろくに試着もせずにバーゲンの下着を買っていましたが、専門店の下着を着けると着け心地はラクで、姿勢もよくなり谷間ができたので非常に驚きました。
マッサージと下着着用で約半年後にはワンサイズアップしました。それ以上大きくはなりませんが、補正下着をつけると実際以上に大きく見えるので今はこれで満足しています。サイズダウンが心配なのでマッサージは今でも続けています。